セカンドライフコンサルタント!!

サラリーマンの宿命、転勤!旦那はいい、泣いているのは家族だ・・・・・

    
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Pocket

family-521551_640

サラリーマンの宿命、それは転勤!僕もサラリーマン時代の19年に7回引っ越しした。

最近の転勤は出世しない転勤もあり、家族に負担をかけるわりに「実入り=収入」に直結しないのが現状だ。ジョブローテーション、転勤させなきゃいけないという思い込み、誰かを本社に呼び戻すための玉突き転勤などが横行している。

 

玉突きで転勤させられた人はとんだ貧乏くじだ

 

 

 

旦那の仕事はさほど変わらない

旦那の仕事自体は、場所が変わっただけでさほど変わらない仕事を続ける。だからストレスと言えば上司との相性だけの問題となり。いやな上司なら無視しておけばいいし、相性の良い上司なら一生懸命頑張るだけ。

 

どっちにしても相性の良い上司に認められれば昇格するし、相性悪ければなにをやっても昇格昇進はしない。従ってあまり給料は増えない。まさに天のみぞ知るというところ。ま、俗にいう運が悪かったということですね!

 

家族は泣いている

旦那はマンネリも打破できるかもしれないし、仕事自体あまり変わらないから転勤によるストレスはあまりない。上司の問題と得意先がどんなかなで少々変わるくらいで、大勢に影響はない。

 

転勤によって一番影響が出るのが家族だ。お子さんは学校も変わり、親しい友達との別れ、新しい学校での新しい友達作り。失敗すれば、いじめや登校拒否が待っている。学校のレベルも同じようなレベルの学校に転校できればいいが、そうでなければ、勉強にもついていけなくなる。

 

共働き夫婦なら、どちらか一方が職場を変わらなければならなくなる。当然のごことく奥様が退職という事になる。その時はいいが、そのあと正社員で仕事に就けるかどうか保障はない。

 

単身赴任って母子家庭みたいなもんだ

色々考えて家族会議を重ねた結果、単身赴任なんてことにもなる。単身赴任って母子家庭みたいなもんだ。家族って家族が一つの場所で生活するから家族なんだよな・・・子供さんに影響でないなんてことは誰にも保障できない。

 

奥様が常に子供と対峙しなければならないので、常に「母」を演じなければならない「女」になる時間が極端に減少する。お互いに浮気のリスクも高くなり、離婚なんてことになりかねない。

 

企業側も、過去みんなそうしたからそうするなんてこと考えないで。家族が一緒に住めるよう、転勤のないような仕組みを作るべきではないだろうか?

 

転勤させれば、100%業績が上がるなんてことないよね!だったら、転勤制度なんてやめでゃえ!と思う。転勤なんて百害あって一利なし。

 

転勤のない生活は家族の結びつき、地域との結びつきを強くする

僕も転勤が嫌で、43歳の時、転勤しなくていい会社に転職した。以来28年間横浜に住んでいる。人生の中で一番長く住んだ町だ。横浜に愛着も出てきたし、ここで生まれ育ったような錯覚に陥る。

 

一か所に根を生やして生活するってこと精神衛生上も家族にとってもすごくいい事だ。家内も近所付き合い名gくなり友達も増えた。子供たちも小学校時代の友達とまだ付き合っている。

 

地域活動もいろいろしているようだし、人間らしい生活ができると思う。仕事が遅くなったとしても、親父は帰ってきている。同じ屋根の下で生活しているんだという安心感はプライスレス!なんだよ!

 

人間らしい生活がやっぱ大事だね

大金持ちにならなくても、家族そろって何不自由ない生活ができていることが幸せなんだと最近実感している。不思議と子供たちも、あまり遠くには職場を持てお目ない。帰りたくなったら1時間の圏内で生活をしている。適度な距離がいいのかもしれないね。

 

たまに美味しいもの食べたくなった時とか、孫の相手をしてほしくなった時とか、彼らの都合のいい時だけ返ってくる。ま、その方がこちらも助かるからいいし、近くで家族が生活しているという事がとても安心だ。

 

転勤とか、単身赴任とかしなきゃいけない会社に勤めているあなた!!

一度転勤とか、単身赴任のない生活を考えて真剣に検討してみてはいかがかな?

 

セカンドライフコンサルタントよりの提案です!

 

Share on Facebook
Share on LinkedIn
Pocket