セカンドライフコンサルタント!!

七草粥には縁がないな~!いつ食べるか由来は?調べてみた!

    
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket


 

七草粥って関東だけの風習なのかなと思うけど、意外と全国区で知られているのだなと大人になって思った。我が家や、実家でもあまり食べた記憶がないので調べてみた。

 

七草粥の由来と概要は?

七草粥って意外と歴史があるんだ。平安時代からだと言うから超びっくりだね。

七草がゆ七草粥(ななくさがゆ)・七種粥とは、人日の節句(1月7日)の朝に食べられている日本の行事食(料理)である。

 

その概要は?

春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って食べられる。祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。

この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物の原型ともされている。

 

 

七草粥って地区によって随分違うようだ

以下は、関東地方の例である。

1月6日の夜、あらかじめ用意したセリ、ナズナ、ゴ(オ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの「七草」をまな板の上に載せ、以下の歌を歌いながらしゃもじやお玉杓子、包丁の背などで叩いて細かくする。

七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン

明けて7日の朝に粥を炊き、叩いた七草と塩を入れて七草粥にする。そして朝食として食べる。

七草粥は新年の季語とされる。

現在では、七草をセットした商品が、多くの八百屋など小売店にて販売される。

七種の節句とはこの七草がゆを食べる行事を言う。

 

 

 

七草粥は七草すべてが使用されるわけではなく、また地方によっても食材が異なるようだ

気候や降雪の関係で七草が摘めない東北地方では、七草を使わない粥を炊く。山形県の村山市周辺ではゴボウ、ニンジン、こんにゃく、ずいき、油揚げなどを入れた納豆汁、七草汁を1月7日の朝食として食べる。最上川流域では1月7日に新米の握り飯を12個作り、箕の上に乗せて柳の箸を刺して「おみ玉」として飾る。その後で握り飯を崩して煮込み、野菜、昆布、干し柿、栗を入れたものを「七草粥」と呼ぶ。また、青森県や秋田県では1月7日に行事を行う地域は少数である。そのかわり、1月16日の小正月には、けの汁という根菜を大量に炊き込んだ精進料理を味わって祝う。

気候的に七草が入手できる地帯でも七草ではなく、ありあわせの青菜、さらに根菜や油揚げなど大豆製品をも含めて「7種」取りそろえる場合や、九州南部のように鶏肉を加える地方もある。

調理法も白粥のみではなく、鰹節で出汁を取り醤油や味噌で味付けして「雑炊」にする地方や、四国の瀬戸内海沿岸のように「和え物」「お浸し」で七草を食べる地方、九州北部のように汁物に加工するなど、全国でバリエーションは豊富である。

 

>>>>>地方別の内容はこちらを参照

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E8%8D%89%E3%81%8C%E3%82%86

 

>>>>>前回の記事はこちら

2017年の新年、御用始めにあたっての抱負は人の話を聞くに徹しよう!かな・・・

>>>>>姉妹サイトはこちら

想いで仕事するって大事!勿論もうからなきゃ会社続かないし生活できないしね・・・・・

>>>>>続姉妹サイトはこちら




Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket