セカンドライフコンサルタント!!

厚切りジェイソン曰く、日本人は時間にルーズだと・・・・え?日本人って時間に正確だよね・・・

    
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

厚切りジェイソン

 

ホワイジャパニーズピープルおかしいだろう・・・ですい星のごとくお笑い界に出現した、厚切りジェイソン曰く、日本人って時間にとってもルーズだという。彼は秀才で、日本でも外資系のIT企業の役員も務めるバリバリのビジネスマン。

 

部長
厚切りジェイソン大好き!出始めのころから見てたわ(^-^;
へなちょこ社長
うん、かっこいいしアメリカ人なのに、漢字よく勉強してるよね、いつも見ながら大笑い!
部長
ほんとに、言われてみれば日本人ってほんとにだらだらと仕事してますよね・・・(^-^;
へなちょこ社長
うん、耳が痛い。うちは違うけどね・・・

 

 

朝の始業時間だけは正確な日本人

日本人って前夜遅くまで飲んでも、どんなに遅くまで働いても次の日9時にちゃんと出社する。あるとき、ジェイソンにある人が相談した。

 

たまに遅刻する人がいるのだがどうすれば遅刻は治るのか?と

その人が遅刻することにより業務に支障があるのですか?

いやいや大したことないのですが・・・

 

じゃいいじゃないですかと答えた。

 

そう

日本の就業規則って、始業時間にとても厳しい。3日遅刻すると欠勤1日に!なんて就業規則がある会社がまだある。

 

出世するビジネスマンは朝が早いとか

できる社長は朝の時間を有効に活用するとか

朝の早さ=有能なビジネスマン

 

を強調する。

ほんまかいな?

 

 

納期を守らない日本人、つまり終業時間は遅い

朝早く出社することで安心するか、日本人って残業がとても多い民族だ。

 

夜遅くまでだらだらと仕事する。

 

能力があり、仕事の速い人が自分の仕事を早く切り上げると、余分な仕事をさせらされる。かくして、優秀な人ほど仕事においまくられ、生産性でいえば人の2倍も3倍も仕事をさせらる羽目になる。

 

実力主義のアメリカならいいが、ここは日本、実力主義と言っても形だけ、いまだ年功序列が幅を利かせている。だから、仕事ができない人も人の2,3倍の生産性で仕事する人も、給料はあまり変わらない

 

ホワイジャパニーズピーポーおかしいだろう!!って厚切りジェイソンが大声でわめきそうだ!

 

アメリカでは、標準作業時間を決めており、その標準作業時間内に仕事を終えたらボーナスが出る。つまり4時間分の仕事を3時間で仕事を終えたら1時間、時間短縮できたことになる。そうすると30分ぶんのボーナスが出る。

 

生産性が高い従業員として、評価も高くなる。

 

こういう評価制度があるから、みんな時間内に仕事を終わらそうと必死に仕事する。

 

残念ながら、日本にはそういう制度はない。だから、世界でも生産性の低い国で労働集約型の仕事のスタイルから未だに抜け出せないでいる。

 

 

朝型人間は仕事ができるというのは迷信

朝方の人間は優秀で仕事ができる。なんてのは迷信。

単に朝早くいくと事務所に誰もいないから仕事がはかどるだけ!

 

昔灯りのない時代は、日が昇るとともに仕事をはじめ、日が沈むとともに仕事を終わる。

から来ただけの話。

 

僕は仕事がはかどるのは夜中。日中は電話があったり来客があったり、落ち着いて仕事はできない。

TSO方式(タイムシェリングオペレーション)でやらなければならないから、細切れの仕事のやり方だから、じっくりと考えながらの仕事はできない。

 

アメリカや海外のようにオフィス環境を整えてくれればいいが、家だけでなく、職場もウサギ小屋で、視界の両端に左右の人が入り、おまけに正面にもずらっと人が並ぶ。

 

こんな環境じゃまじめに仕事に集中しろっていうほうが無理がある。

 

トヨタの生産方式で、改善活動している従業員の方の方がよっぽど仕事の環境に恵まれていると思う。

人にやさしい職場。

職場=働く場所

 

なら経営者はもっと社員の仕事できる環境作りしなさいよと!サラリーマン時代いつも思っていた。

あなたの職場は仕事しやすい環境ですか?

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket