セカンドライフコンサルタント!!

成人式のお祝い、スーツ姿に振袖の前で暴れるのって楽しいのかな?成人式っていつから?調べてみた

    
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Pocket


最近の成人式って、奇抜な格好、派手な格好をして暴れるというニュースが多い。楽しいのかな?といつも疑問に思う。折角多数の方がスーツ鵜方や、振袖で時間をかけて準備して会場に集まり同窓会宜しく楽しもうって思っているのを、ぶち壊すのって面白いのかな?

いずれ、結婚して子供ができ、成人式を迎えた時、お父さんの成人式はどうだたの?って聞かれた時俺はこうだったんだよって自慢できるのかな?そんな先の事は考えていない?どっちなんだろうね!

 

す~さん(筆者)成人式って出席しなかったので、思い出がない。いつごろから今のような形式になったのかなと思ったので調べてみた。

 

成人式っていつから始まったのかな?

ウイキぺディアには以下のような記事がある

成人式(せいじんしき)とは、日本の地方公共団体などが、成人式を行う年度内(多くは成人の日附近)に成人に達する人々を招き、激励・祝福する行事(イベント)である。講演会やパーティーを開いたり、記念品を贈ったりする。奈良時代に起こった元服に始まる日本特有の風習で、ヨーロッパやアメリカではこのような式典などはない(日本以外での事情を参照)。

へ~、奈良時代が起源なんだ。それも日本だけの行事なんだね。そういえば海外で成人始期やっているなんてあまりニュースで見たことない。

 

 

成人式の由来ってどうなの?

成人を祝う儀礼は古くからあり、男子には元服・褌祝、女子には裳着・結髪などがあった。文化人類学や民俗学では、こうしたものを通過儀礼(イニシエーション)の一つとして扱う。

 

日本における今日の形態の成人式は、第二次世界大戦の敗戦間もない1946年(昭和21年)11月22日、埼玉県北足立郡蕨町(現:蕨市)において実施された「青年祭」がルーツとなっている。敗戦により虚脱の状態にあった当時、次代を担う青年達に明るい希望を持たせ励ますため、当時の埼玉県蕨町青年団長高橋庄次郎(のち蕨市長)が主唱者となり青年祭を企画、会場となった蕨第一国民学校(現:蕨市立蕨北小学校)の校庭にテントを張り、青年祭のプログラムとして行われた。この「成年式」が全国に広まり現在の成人式となった。蕨市では現在も「成年式」と呼ばれており、1979年(昭和54年)の成人の日には市制施行20周年、成人の日制定30周年を記念して同市内の蕨城址公園に「成年式発祥の地」の記念碑が同市によって建立された。

 

蕨町の「青年祭」に影響を受けた日本国政府は、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法により、「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」の趣旨のもと、翌1949年(昭和24年)から、1月15日を成人の日として制定した。それ以降、ほとんどの地方で成人式はこの日に行われるようになった。その後、1998年(平成10年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)に伴って、2000年(平成12年)より、成人の日は1月第2月曜日へ移動している。

 

 

成人式のモラルの低下は一部なんだろうが、ひどい式もあるようだ

一部の若者が騒ぎニュースになっていて、始期を部ぶち壊しているのは何ともならないのかな?一部の人のモラルの低下は否めない。

箱物行政と言われながら公共事業の予算が増加し続けた1990年後半までに、成人式の式典が充分開催できる施設が都市部でも拡充した。しかし、第二次ベビーブーム世代が成人式を迎えた1990年代前半が過ぎると、少子化の影響で成人となる者の数が減少の一途となっていった。1990年代末ともなると、都市部では式典会場の空席が目立つようになった。また、空席の増加により、従来会場内に入らなかったような層が会場内に入れるようになり、それまで会場外で行われていて問題とはならなかったようなことが顕在化してきた。例えば、私語が収まらない、会場内で携帯電話を使う、そして一部では、数人の新成人グループが会場で暴れ回って式を妨害するケースなども見受けられる。公務執行妨害を理由とした事件を中心に逮捕者が出るほどの騒ぎに発展した市町村もある(例、2001年における高松市)。また、成人の日が1月第2月曜日に移った2000年以降は、学齢方式を成人の対象とする自治体がほとんどになったことから、成人式が事実上中学や高校の同窓会的な意味合いで捉えられるようになってきた。

さらに、式に出席する若者が、外面的には着物で豪華に着飾っていても、会場では久し振りに会った友人との談笑などに熱中する余り、主催する自治体首長などの式辞・講演に関心を示さず式典が騒がしくなっている。その結果、本来一人前の大人としての決意をすべき場である成人式が、かえって若者のモラル低下を露見させる場となっている。このような現象のことを成人式での七五三現象と言う。21世紀に入っても、各地でこれまでに様々な問題が起きている。

 

成人者の自主運営で成人式開催がいいと思うな!

どうせなら出席者全員が楽しかったと思えるような始期になるといいよね。いっそのこと大人達が開催するのではなく、成人者のボランティアで式を開催するという自主運営にして、大人が見守るという形式にした方がうまくいくのではないかと思う。

 

大人の身勝手な押し付けの成人式ってもう意味がないような気がする。

 

もうおとななんだから、みんなで考えて楽しい式になるようやってごらんっていうようにどこかでやらなかね?

 

参照元:ウイキぺディア

 

>>>>>前回の記事はこちら

鏡開き、鏡割りって正月飾りのお供えの鏡餅をわてっ食べる事でいいのかな?いつやるのか調べてみた!

 

>>>>>姉妹サイトはこちら

年も明けて正月明けの3連休も終わり、いよいよ2017年の本格稼働だ!2017年の抱負は?

 

>>>>>続姉妹サイトはこちら


 

 

Share on Facebook
Share on LinkedIn
Pocket