セカンドライフコンサルタント!!

断捨離の心はなかなか身につかない!繰り返すことで本物になる(^_-)-☆

    
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

garbage-bag-850874_640

 

以前の断捨離は整理整頓の一環としての断捨離だった。ここの所老後の生活を考えて「関内移住計画」を決めた。そのために、引っ越しを前提、2LDK~3LDへの住まいのダウンサイズを念頭に断捨離の第2弾を開始した。

 

それで実感したことは、

 

「持ち物が多い」

 

という事。断捨離したつもりで、心のどこかにまだ「手放す」という事を理解できていない自分があるんだなと実感した。

 

僕は戦後まもなく生まれたせいか、持ち物を大事にしなさいよ!いいものを長く使おう!もったいない!という事を徹底して洗脳されてきたので、物を捨てれない世代。物のない時代だった事もある。

 

今は時代が変わってしまい、物であふれ返っている!ほしいものがあればアマゾンに夜中に発注すれば次の日に一個からなんでも届く時代。本にしても同様だ。読みたい本があれば次の日には手にすることができるし、キンドルセあれば読みたいと思った瞬間に読むことができる。

 

物を持つ!という事がステータスだったのが、持たなくてもいい!と言う時代になったことをまず理解するところから始めなければいけなかったんだと反省している。

 

 

 

 

断捨離って一度決行してもなかなか身につかない

昨年まで、2,3年かけて第断捨離を実行した。自分ではそう思っていたし、当時必要ないものは捨てると決断し、断捨離したつもりが、今年引っ越し前提のあ断捨離、物を持たなくても大丈夫という気持ちで再度断捨離始めたら

 

物が多いな~~

 

と思ってしまった。心の中で本当に、物を持たなくても大丈夫!なんだと確信できるまで時間とステップが必要なんだなとあらためて実感してしまった。一度すべて捨てて、その後に必要な物だけを揃えるんだ!

 

という感覚でちょうどいいと思った。

 

 

 

何回か繰り返していると心の断捨離が進む

断捨離するぞと思って整理を始めても、気持ちはなかなかそれに従ってくれないことが判明。ステップバイステップで、2,3回繰り返していくと。心の中から断捨離の極意が身についてくる。

 

本を読んで成程と思うのだが、いざ断捨離を始めると、これはいるかもしれない!いやこれはもったいない!などと言う悪魔のささやきが常に聞こえてくる。一回終わって二回目の断捨離の時、この悪魔のささやきは少し弱くなる。早い人は2回目くらいで、このささやきは聞こえなくなると思う。僕のように戦後まもなくの時代を過ごした人たちの洗脳を解くには3回目が必要かもしれない。

 

全部捨てても大丈夫、捨てすぎたら必要な物を又そろえればいい!

 

くらいの感覚になれたらもう本物!だね(^_-)-☆

 

物を持つという事は、その物に人生が縛られて行くという事に他ならない。という事に早く気が付けばいい。家も結婚も一緒だよ!!

 

 

 

 

手放す事への恐怖との別れが断捨離の心なり

捨てる事、手放す事への恐怖を早く克服できて物は、人生、ビジネスマインドについても大幅な変革をもたらす。

 

断捨離!手放す!

 

この2点の神髄を会得できれば、ビジネスにおいても人生においても自分尾やりたいことを実現できると思う。できない人の末路はシャープであったり、東芝であったり、あなたの周りにいくらでもその例がごろごろいえいると思う。

 

考え方の固執して手放せない人は沢山いるよね・・・

 

断捨離、手放すことができる名人の周りには自然と人が集まってくるものだ。プラスのスパイラルが回転し始める。あなたの人生が変わると思うよ!


Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket