セカンドライフコンサルタント!!

春から初夏への衣替えの時期と初夏のファッションンついて・・・断捨離!!

    
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Pocket

waiting-410328

桜が咲き新入学、入社式、花見だと宴会で大騒ぎしたのもつかの間、あっという間に初夏の季節。日中は暑いなと感じながらも、朝夕はまだちょいと肌寒いなというこの時期に、早めに冬から春、春から初夏への衣替えのシーズンになったね。

僕は2,3年前に大「断捨離」を敢行して古い服や、体形に合わなくなった衣服類、スーツにシャツに下着に靴下にTシャツに、セーターやポロシャツなどなど大量に断捨離!!

 

ユニクロや、シャツ工房で必要なものを数点かって1,2シーズン持てばいいという感覚に切り替えた。物がなかった時代の人間なので、いいものを長持ちするのがいいと教えこまれていたので、家の中は物であふれかえってしまってひどい状況になっていた。

 

春から夏への衣替えってどうやっているの?

断捨離の後、衣料品を冬用、夏用に大雑把に分けて透明の収納BOX,収納ケースを買って、今の時期だと、冬用の衣料を3~4個のBOXに分類して収納。痛んだり、色落ちしたり、汚れているものを破棄。足りない分は来期にまた買い足すという感覚が大事なんだなと思う。

 

大事なことはこの4つのBOX以上に物を増やさないという、断固たる決意!が大事。

ロックシード 74深型 クリア

捨てられない年代の人が多すぎるので、この捨てるという「断捨離」するという感覚が身につくのに時間がかかる。物のある時代の収納はトヨタの生産方式で、「必要な時に必要な物を必要な分だけ揃える」こういう感覚でいい。

熊本の災害、早く復帰しますように!

万が一のことがあっても、日本は災害への対策がだんだん良くなってきている。数日で何とか命を長らえるだけのライフラインは確保される。だから、余分の持つ必要はないと意識を変えることが必要。

 

今の若い方は素手のこういう感覚を持っているので素晴らしい。「断捨離」はどうなんだろうね?

 

 

ファッションについての感覚、「いいものを長く」から「必要なものを購入!」へ・・

断捨離後のファッションに対する買い物は、ユニクロとかベイサイドマリーナで買い物というのが多くなった。収納のこと考えると、あまりたくさんいらない。1シーズンか2シーズン持てばいいという意識をもって買い物をしている。

 

そうすれば常に、最新の機能と、ファッションを楽しめる。今迄は、会社の立場や、年齢考えて新しいファッションに億劫だった僕でも、「お!これ着てみようかな?」なんて気軽に買うことができる。

 

値段が安いのもいい。失敗したなと思えば着なければいいしね!そうやって色々トライできるという事は、今までファッションには縁がない!なんて思っていた自分の気持ちに、変化が現れる。

 

へ~~ファッションって楽しいね!てね・・・

そういう積み重ねで、自分なりのファッションセンスって身について磨かれていくんだろうなって思う。やっぱ、身に着けてみて鏡の前に立って、「どない?」って家族や友達や職場の仲間の前で評判を聞くのは「楽しい!!」

 

 

ファッションを楽しもう

年を取ったからと言って億劫になる必要はない、「断捨離」と物を増やさない、買ったら何かを捨てるという事を手ってしていれば、物は増えないから、色々トライしてみると楽しいよ!

 

自分なりに、こんなの着てみたいなと思ったら、ちょいとユニクロか島村にでもはいっていろいろ選んでみると楽しい。それだけの時間がるのだから、今までやらなかったお店のウインドウショッピングやって着るといいと思う。

 

セカンドライフコンサルタントとしては、セカンドライフだから隠居という事ではなく、その年代年代で楽しむ方法はいくらでもある。楽しみにお金もかからない。ほかの人の目を気にしなくてもいい。もう、そういう年代だという事を認識することが大事ですね!

 

Share on Facebook
Share on LinkedIn
Pocket