セカンドライフコンサルタント!!

民泊と火災保険、一般の火災保険では補償がカバーできない!ホテルで使うような火災保険が必要!

    
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

ホテル
部長
民泊が勢い止まらないですね~~!社長!
へなちょこ社長
ほんとだね~~!法整備はまだという見切り発射だけど、収集つくのかね~!(^-^;
部長
そうなんですよ、民泊特区の大田区の登録ってなんと208件しかないんですよ~~!!すくな・・・
へなちょこ社長
そうみたいだね~~、特区っていっても旅館業ほど規制は厳しくないににしても、かなり開業条件は面倒みたいだね!だからなかなか登録が思ったように進まない。
部長
その割には、全国ではAirbnb(エアビーアンドビー)社の話じゃ、約1万3000件も登録されているらしいですよ~~!(^-^;
へなちょこ社長
すごいね~~!、トラブルとかおこってないのかな?
部長
結構起こっているみたいですよ!それに最近じゃ専門の委託請負業者もいっぱい出てきているのも民泊が増えている要因みたいですね!誰でも気軽に参入できるようになった・・・
へなちょこ社長
そっか、もうかるんだろうね・・・・(^_-)-☆
部長
ま、法律のの問題とかは国に任せて、業者が噛んでいるところは火災保険の心配ないでしょうけど、一般の人は普通の火災保険じゃ役にたたないってこと知っているんですかね??(^-^;
へなちょこ社長
多分そこまで気がまわってないと思うな~~!!

 

民泊の話、法整備はかなり遅れているようですね!管理組合にとっても、管理規約が万能かというと、弁護士の見解では、完璧ではないようで、個人資産の観点からすると、管理規約で縛るのは難しいと!

 

やはり国の法整備を待つしかないというようなことどこかに記載されていた!

 

 

「土地カツnet」にいろいろ詳細が載っているので興味ある人はお勉強してください!

http://www.tochikatsuyou.net/column/minpaku/

 

 

 

Airbnb(エアビーアンドビー)民泊の日本の現状

民泊特区の大田区は

3月1日現在の大田区Airbnb登録件数の合計は208件(前月比8.9%増)。内訳はアパート144件、一軒家58件、その他6件。

 

 

世界は

Airbnb(エアビーアンドビー)社のサービス。インターネットで宿泊場所の提供者(ホスト)と旅行者(ゲスト)を引き合わせており、対象は190カ国、3万4000以上の都市だ。

日本は

同社によると、日本の部屋の登録件数はこの1年で3倍以上に急増。8月現在、約1万3000件が登録されている。

凄い数だね・・・

日本伝統の家なんて外国の方に評判いいかもね・・・

民家

まとめ

委託専門業者が多数参入し始めたし、ライオンズマンションんで有名な大京も大田区で空き家の100戸から参入するというように、ビジネスとしては有望で、委託専門業者も増えてきたことから加速度的に増える傾向にある。

問題は、国の法整備がどうなるか?

マンションの管理規約の拘束力はどうなるか?

にその成長は左右されそうだ。

少なくとも一戸建ては、シェアハウス、空き家率、観光を考えると加速度的に増えることは間違いない。

法整備もさることながら、火災保険も特殊という事を認知が必要という損保業界のアナウンスが大事になる。火事が起こってからじゃ遅いものね!

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket